*

2014年12月

多汗症の治療薬には

komaru.jpg

多汗症の治療薬には外用薬や注射治療、交感神経遮断治療などがあります。外用薬には塩化アルミニウム液、塩化ベンザルコニウム液などが使われ、就寝前に1日1回服用します。注射治療は注射した場所だけ汗が出なくなりますが、効果は3~4ヵ月です。

 

交感神経遮断治療は手のひらの汗が確実に止まりますが、代償性多汗という、他の部位に多汗が現れることがあるので注意が必要です。手のひらの多汗症は思春期の場合成長とともに症状が軽くなるので、一番適した方法で治療することが大切です。

 

治療薬にはプロバンサインというのがもっともポピュラーで病院などでも多く処方されているようです。プロバンサインは通販でも購入できるようです。ただし通販で購入する場合は副作用に注意し慎重に利用しましょう。

多汗症治療薬プロバンサインは通販でも購入できます!


最近の記事